『フランス語はなぜ難しい?』フランス語の特徴とその理由-フランス語記事で学ぼう

厳格な文法と、独自の綴りが原因で、しばしばフランス語を学ぶことは難しいとされます。

それは、外国人にとっても、フランス人の子供にとっても言えることのようです。

では、具体的になにがフランス語をここまで複雑なものにしたのか?

今回は、フランス語の難しさとその理由について動画を交えてご紹介します。

フランス語はなぜ他の言語より難しいの?

トランスクリプション

Pourquoi la langue française est-elle plus difficile que les autres ?

Si le français est si difficile c’est parce qu’il comporte beaucoup d’heures fantaisie.

Avec sa grammaire rigoureuse et son orthographe parfois originale sur l’apprentissage se révèle compliqué pour les enfants et les étrangers.

Il ne manque pas de bizarreries avec la distinction entre féminin et masculin ou une prononciation qui ne correspond pas toujours à l’écriture.

Cette complexité est liée des origines multiples.

Globalement issu du latin, le français possède aussi des mots hérité des gaulois et des francs d’un peuple germanique.

La langue évolue tout le temps en s’enrichissant de mots étrangers.

En connais tu ? « kiffer » vient de l’arabe par exemple.

D’autres termes naissent de l’évolution de la société ou des nouveautés technologiques.

Ce mélange fait du français une langue riche, très précises pour exprimer sa pensée.

D’ailleurs de nombreux écrivains dans le monde l’adoptent, mais au fait le français est-il vraiment le plus difficile que les autres langues ?

En anglais un même mot peut être prendre un sens différent selon le contexte.

Si tu veux écrire en chinois il faut connaître des milliers d’idéogrammes et pour un européen, il est presque impossible de produire les cliques du Xhosa, une langue africaine.

En apprenant d’autres langues, tu t’apercevras que le français n’est peut-être pas si difficile que ça. 

■日本語訳

□ランス語はなぜ他の言語より難しいの?

フランス語がとても難しいのは、空想の時制がたくさん含まれているからです。

厳格な文法と独特の綴りは、子供や外国人にとって複雑であることがわかります。

男性名詞、女性名詞の区別や、必ずしもスペルに対応するとは限らない発音などの変わった点であふれています。

この複雑さはフランス語の起源に関連しています。

一般にラテン語から派生したフランス語には、ゲルマン人のガリア語とフラン語から受け継いだ言葉です。

言語は常に進化し、外国語を吸収することで豊かになります。

知っていますか?« kiffer »は、アラビア語に由来します。

その他の用語は、社会の進化または技術革新から生まれます。

この混合により、フランス語は豊かな言語になり、我々の考えを非常に正確に表現することができます。

世界中の多くの作家がフランス語を使っていますが、実際、フランス語は他の言語よりも本当に難しいのでしょうか?

英語では、同じ単語でも文脈によって意味が異なる場合があります。

中国語で書く場合、数千の表意文字を知っている必要があり、ヨーロッパ人の場合、アフリカ語のコーサ語のcliqueという音を発音することはほとんど不可能です。

他の言語を学ぶことで、フランス語はそれほど難しくないかもしれないことに気付くでしょう。

■関連語句

・comporter …を含む、備えている、振る舞う、行動する

・fantaisie 気まぐれ、空想の

・rigoureux 厳密な、厳正な

・orthographe 綴り、スペル

・bizarrerie 奇妙、風変わり

・distinction 区別、差異

・issu de …に由来する、出身の

・posséder …を所有している、支配する

・hériter …を相続する、受け継ぐ

・évoluer 進展する、進行する

・enrichissant 豊かにする、実り多い

・kiffer  好き

・évolution 進展、進化

・nouveautés 新しさ、斬新さ、新しいこと

・mélange  混合、混ぜること

・préciser …を正確に言う、明確にする

・exprimer …を表現する、示す

・adopter 採用する、取り入れる

・idéogramme 表意文字

・apercevoir …に気づく、…が見える

フランス語は実はそこまで難しくない?

フランス語の難しいところとしてよく挙げられるのが、次の3点です。

★発音
★動詞の活用
★名詞等の性別

これについて順を追って説明します。

発音

確かに、のどを鳴らす « r »や鼻から息を抜くような鼻母音のようにフランス語独特発音という者は存在します。

しかし、これらは練習によって克服することができます。

最初は、完璧に発音できなくても、何回も繰り返し繰り返し発音することで徐々に本物に近づいてくるものです。

「為せば成る」

まずは、少しずつでいいので時間をとってトライしてみましょう。

それ以外の発音は母音+子音で構成されているため、どことなく日本語の発音に近いです。

そのため、日本人は比較的フランス語の音に慣れやすい傾向にあると思われます。

「フランス語の発音は難しい!」

と苦手意識を持たずに、聴いた音に集中して口にだすことで、上達が見込めるはずです。

動詞の活用

フランス語がある程度上達し、中級者の域に達すると「時制」の壁が立ちはだかることでしょう。

フランス語の時制は直接法だけで、次の8つの形があります。

☆現在
☆複合過去
☆半過去
☆大過去
☆単純過去
☆前過去
☆単純未来
☆前未来

どれだけ過去と未来があるんだ!?と驚く気持ち、わかります。

大変ですが、ルールを覚えたあとは、文章の中で出てきた構文を文法書で調べて一つ一つ確認していくしか方法はないともいます。

「ローマは1日にして成らず」

コツコツと続ける根気も必要です。

習得のために、できるだけ多く様々な文章に触れることが大切です。

名詞等の性別

フランス語の名詞には男性と女性の区別があり、これに関わる全ての品詞に影響を与えます。

これを「性一致」と言い、冠詞、形容詞、代名詞、動詞が名詞の性別に対応した形に変化します。

これだけ聞くとなんだか複雑ですが、いい方法があります。

ポイントは「名詞と冠詞をセットで覚える」ということ。

そうすれば、書いたり話したりする際も、性一致させた言葉の連なりが自然と出てきます。

読解の際は、その他の形容詞、代名詞、動詞の形から名詞の性を推測することもできます。

気合いを入れて単語帳の頭から暗記していくのではなく、文章の中で名詞の姓を捉え、一つ一つ覚えていけば良いのです。

まとめ

これら、フランス語の難しい点3つを取り上げましたが、いずれも練習によって克服できるものです。

フランス語は一見難しそうに見えますが、一つ一つ取り上げて解決していけば恐れる必要は全くありません。

「困難は分割せよ」

どんなに難しく思えることでも、小さく細切れに分けて一つ一つクリアしていくことで、大きな目標も達成することができるはずです。

壁にぶち当たっても、あきらめず突き進みましょう。



参照記事1:Pourquoi la langue française est-elle plus difficile que les autres ?

参照記事2:日本人がフランス語を学ぶときに「つまずきやすい」ところ


\あわせて読みたい/

関連記事

あなたのフランス語を学ぶ理由は何でしょう? フランス旅行で現地の方とふれあいたい 料理・ワイン・スイーツをもっと味わいたい小説や映画を原語で理解したい フランスで働きたい あるいは、言葉の魅力そのものという方もいらっしゃるで[…]

関連記事

フランス語を学んでいる皆さんは、フランス語がどのように生まれてのか知っていますか?  誰が最初に話し始めたのでしょう?3月14日から22日までの期間は、フランス語の日(記念日)です。 この機会にフランス語の由来につい[…]

frenchlangage
関連記事

2016年の新学期、学校の教科書において2400語のスペルが変更されます。 これは初めての変更ではありません。 では、誰がこれを行うことにしたのか?何が変わるのか? 本記事では「綴り字改革」について説明します。 「[…]

最新情報をチェックしよう!