「ジャック・プレヴェールってだれ?」フランス語記事で学ぼう

120年前の2月4日、ジャック・プレヴェールは生まれました。 

彼は1977年に亡くなりましたが、彼の詩は学校で暗唱され続けています。 

さて今回は、「ジャック・プレヴェール」についての子供向けのフランス語記事と彼の作品を紹介します。

トランスクリプション

C’est qui, Jacques Prévert ? 

« Il dit non avec la tête, mais il dit oui avec le cœur. » 

Tu connais peut-être le poème Le Cancre ?

Il a été écrit par Jacques Prévert, un poète qui s’amusait à raconter des histoires drôles ou étranges. 

En plus de ses poésies, il a écrit des pièces de théâtre et des films, joué la comédie et même réalisé des collages étonnants. 

 Il est né en 1900 et mort en 1977. 

C’est déjà ancien et pourtant, on s’en souvient ! 

Le petit Jacques a grandi à Paris, n’est pas resté longtemps à l’école et préférait le théâtre. 

As-tu vu Les Enfants du paradis ? 

C’est lui qui a écrit les dialogues de ce film célèbre. 

Dans ses œuvres, ce sont des enfants ou des personnes pauvres qui sont les héros.

Ce qu’il aimait, c’était les gens simples de la ville… 

Pas les gens qui donnent des ordres pendant la guerre, qui veulent diriger le pays, ou qui décident comment on doit écrire ou penser. 

Jacques Prévert était apprécié pour sa liberté, sa tendresse et son humour. 

Il jouait à mélanger des images de tous les jours, comme le soleil, les fruits et l’amour. 

Un de ses poèmes, Inventaire, est une longue liste d’objets, de personnes et d’animaux : un citron, un pantalon, un raton laveur, cinq dentistes, etc.

Comme c’est bizarre… mais simple et amusant ! Alors, en le lisant, tout le monde se sent un peu poète à son tour. 

トランスクリプションの引用元:C’est qui, Jacques Prévert ?

日本語訳

ジャック・プレヴェールってだれ? 

『彼は頭では「いいえ」と言う、でも心では「はい」と言う』

あなたは詩 « Le Cancre »「劣等生」という詩を知っていますか?

それは « Jacques Prévert » (ジャック・プレヴェール)という、可笑しく、風変わりな物語を語ることを好んだ詩人によって書かれました。

詩だけではなく、彼は演劇や映画を書き、コメディーを演じ、さらには素晴らしいコラージュを制作しました。

 彼は1900年に生まれ、1977年に亡くなりました。

昔のことですが、みんな覚えています。

小さい頃、ジャックはパリで育ち、学校には長く居ず、劇場を好みました。 

« Les Enfants du paradis »「天井桟敷の人々」を見たことがありますか?

この有名な映画の台詞を書いたのは彼でした。

彼の作品の中心人物は子供達と貧しい人々です。

彼が気に入ったのは、街の単純な人々でした。

戦争中に命令を下したり、国を主導したり、書き方や考え方を決める人々ではありません。

ジャック・プレヴェールは、彼の自由、優しさ、ユーモアで高く評価されました。

 彼は、太陽、果物、愛などの日常のイメージを混ぜて表現しました。

彼の詩の1つである « Inventaire »「財産目録」は、物、人、動物の長い目録です。

例えば、レモン、ズボン、アライグマ、5人の歯科医などです。

なんて奇妙なこと…でもシンプルで楽しい!だから、それを読むことによって、誰もが少なからず詩的感覚を抱きます。

関連語句

・poème 詩

・raconter  語る

・poésie (ジャンルとしての)詩

・réaliser 制作する、実現する

・collage コラージュ(画布などにさまざまな素材を切り貼りする手法)

・paradis 楽園、天国

・dialogue 対話、せりふ

・pauvre 貧しい、かわいそうな

・héros 英雄、主人公

・ordre 順序、秩序、命令

・guerre 戦争

・diriger 指導する、導く

・liberté 自由

・tendresse 優しさ、愛情

・humour ユーモア

ジャック・プレヴェールの作品

ジャック・プレヴェール(1900-1977)はフランスの詩人、映画作家、童話作家。シャンソン『枯葉』の詞や、映画『天井桟敷の人々』のシナリオを書きました。

ここでは、この『枯葉』と記事に出てきた « Le Cancre »『劣等生』についてご紹介します。

シャンソン『枯葉』

Yves Montand – Les feuilles Mortes(amazonの画像)

タイトルの『枯葉』には情緒的な意味が織り込まれているようです。

プレヴェールのフランス語原詩の内容は、若いころお互いに愛し合っていたふたりが別れざるを得ず、それぞれの人生を送ったあと、再び出会った時には北風に吹かれて舞う枯葉のようだったと慨嘆し、海岸の砂浜を歩くふたりの足跡も波が静かに消し去っていくという余情の溢れるものである。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』- 枯葉 (歌曲)

Le Cancre 『劣等生』

Le Cancre 『劣等生』の朗読動画をご紹介します。

Le Cancre  
Il dit non avec la tête
Mais il dit oui avec le cœur
Il dit oui à ce qu’il aime
Il dit non au professeur
Il est debout
On le questionne
Et tous les problèmes sont posés
Soudain le fou rire le prend
Et il efface tout
Les chiffres et les mots
Les dates et les noms
Les phrases et les pièges
Et malgré les menaces du maître
Sous les huées des enfants prodiges
Avec des craies de toutes les couleurs
Sur le tableau noir du malheur
Il dessine le visage du bonheur.

– Jacques PRÉVERT (Paroles 1945)

日本語訳

劣等生

彼は頭では「いいえ」と言う
でも心では「はい」と言う
好きなひとには「はい」と言う
先生には「いいえ」と言う
立っている
みんなは彼に質問をする
質問が全部終わる
突然大笑いを始める
そして、全部消す
数字も、言葉も
日付も、名前も
文章も、ひっかけ問題も
先生から脅かされても
できのいい子たちのやじの中で
ありったけの色のチョークで
不幸の黒板の上に
幸せな顔を描く。

関連語句

・debout 立った、起きた

・effacer 消す

・piège 罠、ひっかけ問題

・margé …にも関わらず

・manace 脅し、脅迫

・maître 主人、先生

・huée やじ、罵声

・prodige 非凡な人、奇才、奇跡

・craie チョーク

・malheur 不幸、災難、逆境

・bonheur 幸福、喜び、幸運


さいごに

« Le cancre »『劣等生』が収録されている詩集« Paroles »が出版された1946年、第二次世界大戦の直後という時代背景を考慮すると、「逆境に負けずに自由に生きよう」というメッセージが込められているように思えてなりません。

もちろん解釈は読み手に委ねられて居ますが、彼の生き方や表現には、感情を揺さぶる情緒的な工夫が散りばめられています。

最新情報をチェックしよう!