フランス、プロヴァンス地方のラベンダー畑

フランスのプロヴァンス地方といえばラベンダー畑が有名です。

観光スポットとして人気で、見頃の時期には世界中から多くの観光客が訪れます。

当記事ではプロヴァンス地方のラベンダーの特徴と歴史についてご紹介します。

\こんな人に読んでほしい/

  • ラベンダー畑を訪れたい
  • ラベンダーの歴史について知りたい
  • 有名な栽培地は?

ラベンダーの美しさ

多くの人を魅了するラベンダーの魅力はどのようなものでしょうか?

プロヴァンスを通ると甘くやわらかなラベンダーの香りがします。

そこには多くの著名な画家達を魅了した一面薄紫色の風景が広がっています。

この色の調和は自然によって織り成されたもので、太陽の光によって輝いています。

« Lavande » ラベンダーの語源(フランス語)

フランス語でラベンダーは« Lavande » (ラヴァンドゥ)といい、古フランス語の« Lavander »に由来します。

諸説ありますが、古代ローマ人はラベンダーを入浴の際、衣類やシーツ・タオルなどの布類に香りをつけるために使用していたとされております。

そのため、ラテン語で「洗う」と言う意味の« Lavo »や« Lavare »が語源であると言う説もあります。

また中世時代には、ラベンダーには心を落ち着かせたり、傷を癒す効果があると信じられハーブとして用いられていました。

« Lavande »と« Lavadin »の違い

ラベンダーは7月15日から8月15日の間に収穫されます。

その種からは精油が採れ、贅沢な嗜好品として扱われます。

収穫期には世界中から多くの生産者が戻ってきて収穫しますが、彼らによると« Lavande »(ラヴァンドゥ)« Lavadin »(ラヴァンダン)の違いがあるそうです。

« Lavande »は、高地に自然に生えている野生のラベンダーのことで、香り高く繊細で薬用効果もあるそうです。

それに対し、« Lavadin »は野生のラベンダーとスパイクラベンダーの交雑種で、低地栽培に適し、精油が多く取れるので商業用として用いられているそうです。

フランスの栽培地

ラベンダーの栽培地として、ヴァランソール高原 « Valensole »ソー « Sault »が有名です。いずれも思い描くような一面のラベンダー畑が広がっている場所です。

また、各地で「ラベンダー祭り」という催しが行われており、ラベンダーの加工品や食品の販売、実際に収穫できる企画なども催されているそうです。

南仏を訪れる際は、是非ラベンダー畑に訪れてみてはいかがでしょう?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はフランスの伝統であるラベンダー栽培に焦点を絞ってご紹介しました。

機会があれば、フランスのラベンダー畑をぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

また、ラベンダーは香料や食品分野などで、エッセンシャルオイル、ドライフラワー、紅茶のようにさまざまな形で親しまれております。

普段何気なく使っているアイテムにもラベンダーが含まれているものがたくさんありますので、これを機にラベンダーグッズを探してみるはいかがでしょう?


\あわせて読みたい/

関連記事

世界遺産大国フランスの数ある世界遺産の一つ、「モン・サン=ミッシェル」«Le Mont Saint Michel»についての観光情報をまとめました。 \こんな人に読んでほしい/ モン・サン=ミッシェルについて詳しく知りたい フ[…]

関連記事

ヴェルサイユ宮殿が « Vivez Versailles »というVR体験サービスをリリースしました。このサービスはSteam公式サイトでプレイすることができます。フランス国王ルイ14世が住んでいたヴェルサイ[…]

関連記事

歴史的建築物が立ち並ぶパリで近年建築ラッシュが起こっています。 その一つが、ブローニュの森に建てられたフォンダシオン・ルイ・ヴィトン « Fondation Louis Vuitton »(ルイ・ヴイトン財団美術館)。 今回は[…]

関連記事

近年、フランスで「BIO(ビオ)」と表示された商品をよく見かけるようになりました。 BIOとはオーガニックのことで、オーガニック志向の人が増加したことから、有機農産物を取り扱う大手スーパーやBIO専門店が増えています。 そこで[…]

最新情報をチェックしよう!