日本の漫画がフランスで大人気?イベントでの海外の反応とその理由

フランスでは日本の漫画が大人気です。

« manga » は今やフランス人の誰もが知る言葉となっています。

それはなぜでしょう?

今回は、その理由について書いていきたいと思います。

あき
フランスと日本の漫画文化について書いていきます。

\こんなあなたに読んでほしい/

  • 日本の漫画はフランスで人気なの?
  • 人気の理由を知りたい
  • フランスにも漫画はあるの?

日本のマンガがフランスで大人気?

フランスの本屋さんやフランス版「ヨドバシ×TSUTAYA的存在」の « fnac » というお店には、日本の漫画コーナーがあります。

そこでは文字こそフランス語ですが、日本的空間を感じることができます。

そう、フランスで日本の漫画は広く受け入れられています。

実は、マンガ消費国1位の日本に続くのがフランスです。

日本の漫画の売り上げは、フランスの漫画の売り上げのうち3割を占めます。

また、来場者数24万人を誇る世界最大級の日本文化イベント「ジャパンエキスポ」でも、日本の漫画は多くの熱狂的なファンの注目を集めています。

ジャパンエキスポで漫画についてインタビューした動画はこちら。

東京ITニュース JAPAN EXPO Paris マンガ・アニメ編

あき
日本の文化が海外で受け入れられると嬉しいですね。

なぜ日本の漫画がフランスで人気なのか?

では、なぜこれほどまでに日本の漫画が爆発的にヒットしたのでしょうか?

この理由についてみていきましょう。

フランスの漫画「バンド・デシネ」の影響

フランスにもともと « la bande dessinée »「バンド・デシネ」という漫画の文化があります。

略称は « B・D »「ベデ」と言い、名前の意味は「描かれた帯」つまり「続き漫画」のことです。

フランス語圏でこのバンド・デシネは「9番目の芸術」と称され、批評や研究の対象となっています。

日本の漫画文化もこのバンド・デシネや世界のコミックから互いに影響を受けたと言われています。

このことから、フランスでは日本のマンガを受け入れやすい素養がありました。

それと同時に、日本の漫画も海外からの影響で世界的に受け入れられやすい形に進化していきました。

つまり、互いの文化が影響を与えあって発展してきたのです。

このことから、フランスには日本の漫画を受け入れやすい基盤がもともとあったと言えます。

あき
フランスの漫画市場もかなり大きいのですね。
バンド・デシネで有名なのは『タンタンの冒険』シリーズです。
created by Rinker
株式会社 福音館書店
¥1,760 (2021/01/17 05:02:48時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,100 (2021/01/17 05:02:49時点 Amazon調べ-詳細)

日本のアニメの影響

フランスでの日本の漫画ブームの火付け役は、実は30年前に始まった日本のアニメーブームです。

現代の20~40代のフランス人は、子供の頃から日本のアニメを観て育ってきたとも言われています。

それは1978年7月のこと、『UFOロボグレンダイザー』という日本のアニメがフランスのテレビで放送されました。

このアニメは一気に大人気になり、当時の放送を見ていた子供たちの間で伝説的な作品になりました。

この『UFOロボグレンダイザー』はあの『マジンガーZ』で有名な永井豪さんの作品です。

『UFOロボグレンダイザー』はフランス語で『ゴルドラック』。

フランスでこの名前は広く知られています。

そして、1987年から始まった「クラブ・ドロテ」という子供番組では、数々の日本のアニメが放送されました。

「ドラゴンボール」や「聖闘士星矢」「シティーハンター」「キャプテン翼」なども放送されました。

こうしてフランスでは日本のアニメファンが数多く生まれました。

それが日本の漫画が受け入れられている理由の一つです。

あき
フランスで日本のアニメブームがあったなんて意外ですね。

フランスの「オタク文化」の誕生

その反面、日本のアニメは批判の対象にもなりました。

「日本のアニメがフランスの子供たちに悪影響を与えるのではないか?」

そうした懸念の声が上がり始めたのです。

当時は日本への偏見が強く、こうした懸念を抱く大人が多くいたのです。

その結果、90年代にはフランスで日本のアニメは放送されなくなりました。

日本のアニメを放送していた「クラブ・ドロテ」も1997年に打ち切りとなりました。

そうした中、子供の頃にアニメを見ていた今の若者たちが日本のサブカルチャーに関心を抱くようになりました。

その若者たちはアニメの代わりに、日本の漫画に夢中になりました。

その影響で日本から作品を輸入する漫画専門店も多くなりました。

バスティーユ広場付近にある « Tonkam » 「トンカム」というお店もその一つです。

逆説的ですが、こうした日本批判からフランスの「オタク」が誕生しました。

あき
アニメブームの次は日本のサブカルが注目されるようになったんですね。

日本の漫画がフランスで大人気?イベントでの海外の反応とその理由 まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本の漫画文化がフランスに浸透した背景には、

  • フランスの漫画「バンド・デシネ」
  • フランスでの日本のアニメ放送

という2つの要素があったのですね。

日本の漫画の流行を追ってみると、「ワンピース」「ナルト」「ブリーチ」などのジャンプコミックスが人気です。

さらに、直近では、「鬼滅の刃」の単行本発行部数が「ワンピース」を越えるという社会現象が日本で起こっており、今後も漫画ブームの勢いは加速していくと思われます。

毎回驚かされるのが、日本好きのフランス人が日本アニメや漫画について非常に詳しいこと。

「好きこそものの上手なれ」と言いますが、この熱狂ぶりには驚きを通り越して感動すら覚えます。

以前フランスでは、漫画といえばオタクが読むものという認識がありました。

しかし、日本文化の受け入れが広まったこと、また、日本のマンガのテーマが恋愛、戦闘もの、SFなど多種多様であり、子供だけでなく、大人をも惹きつけること、これらの要因から現在は若者から大人まで幅広い世代に読まれるようになってきている印象があります。

日本の漫画が海外に進出したことで、漫画界は新たな進化を遂げるフェーズに突入しています。

今後日本の漫画・アニメが世界一の評価を得る日も遠くはないでしょう。

また反対に、日本スタイルを意識したフランス人アーティストたちも登場し始めています。

このように漫画ひとつを例に取っても、日本文化と海外文化の融合により新たな価値が創生され始めています。

日本の漫画・アニメ業界の今後の動向に注目です。

created by Rinker
ノーブランド品
¥13,880 (2021/01/16 23:42:41時点 Amazon調べ-詳細)

\おすすめ書籍・DVDまとめ/


参考文献:閲覧日(2020年2月16日)


\あわせて読みたい/

関連記事

2020年1月30日から2月2日の間、アングレーム国際コミックフェスティバルが開催されました。 ファンにとって、このイベントは世界中の漫画家に会う絶好の機会です。 ところでみなさんは、誰が最初のマンガをが発明したか知っていま[…]

manga
関連記事

近年、フランスで「お弁当」が人気を博しています。 当記事では、フランスで「お弁当」が浸透した理由と背景について説明します。 \こんな人に読んでほしい/ フランスのお弁当ブームについて知りたい 日本ブームって具体的にどん[…]

関連記事

フランスを代表する不朽の名作『星の王子さま』のまんが版が小学館から発売されました。 翻訳・文はフランス文学者の奥本大三郎さん。原作の訳を担当した方として有名です。 また、彼の代表作として『ファーブル昆虫記』があります。 […]

manga
最新情報をチェックしよう!