【おすすめ】フランス語の素敵なことわざ・名言・格言まとめ10選-人生を楽しむための言葉の数々

フランス語のことわざ・名言には、情緒的・哲学的なフランス人独特の感性が散りばめられています。

フランスの格言について知っておくことで普段と異なる視点で人生について捉え直すことができ、そこから学ぶことも多いと思います。

ここでは、フランス語のことわざ・名言を厳選しまとめています。

お気に入りの言葉が一つでも見つかれば幸いです。

それでは素敵な言葉の数々を一緒に見ていきましょう。

\こんなあなたに読んでほしい/

  • 人生についてアドバイスが欲しい
  • 新しい視点を身に付けたい
  • 悩み事を解消したい

≪Le monde appartient à ceux qui se lèvent tôt.≫
「世界は早起きする人々のものだ」

「早起きは三文の徳」のフランス語Ver.です。

日本語Ver.よりスケールが大きく壮大な表現ですよね。

この壮大なスケールがフランスらしくて個人的に好きです。

集中力が増したり、朝活をしたり、早起きするメリットは想像以上に大きいものです。

こうしたことわざを見習って早寝早起きを始めてみてはいかがでしょう?

≪Dans la vie on ne regrette que ce qu’on n’a pas fait.≫
「人生において、私たちはやらなかったことに後悔する。」

やったことより、やらなかったことに対する後悔の方が大きいのではないでしょうか。

やってしまったことは案外小さいことに思え、いずれ忘れますが、「やっておけばよかった」という後悔はずっと引きずるものですよね。

なにかを決心して行動するときにこの言葉を思い出してみてください。

≪Il n’y a pas d’âge pour réapprendre à vivre. On ne fait que ça toute sa vie.≫
「生きることを学び直すのに年齢なんて関係ないわ。一生できることよ。」

人生やり直そうと思えばいつでもやり直すことができるという強い意志を感じることができる名言です。

たとえ失敗をしたとしても、失敗を見つめ直すことで学びを得て、前に進んでいくのです。

≪La culture, C’est comme la confiture, moins on en a, plus on l’étale.≫
「教養はジャムのようなもの。少なければ少ないほど、人ってそれをひけらかすの。」

ジャムは少ししかないとなるべく伸ばして塗るもの。このジャムと同じように、教養が少ない人ほど、それをひけらかすという意味です

皮肉じみた表現ですが、的を得ていて面白いと思います。

≪Après la pluie, le beau temps.≫
「良い天気は雨のあとに来る」

苦しいことや悲しいことの後には、うれしいことや喜ばしいことがくるものだという意味です。

日本語のことわざの「苦あれば楽あり」に近いですね。

ちなみに、「夜明け前は一番暗い」という言葉もあります。

なにか辛いことがあったとき、この言葉を思い出して、前向きに進んでいけたらいいですよね!

≪En amour trop n’est même pas assez.≫
「どんなにたくさん愛しても、愛しすぎということはない」

さすが愛の国フランス。

フランス人男性は愛情表現が豊かで、レディーファーストの精神を尊重するので、女性は愛情をたくさん感じることができるのでしょう。

とても素敵な言葉だと思います。

≪On revient toujours à ses premières amours.≫
「人はつねに初恋に戻る」

心から、初めてこの人が好きだと感じた状態に戻るということです。

いつまでもパートナーを一途に愛し続ける、このような気持ちをストレートに表現した素敵な言葉だと思います。

≪Plaie d’argent n’est pas mortelle.≫
「お金の傷で死ぬことはない」

困窮していても、何らかの方法で問題は解決され精神的苦痛は消えていくという意味です。

経済的な痛手を「」に喩えて表現しています。

重要なのはお金ではないということでしょう。

お金が足りていないとき、意識はお金に向きがちですが、そういうときこそ自分には何があるのかということを考えてみてください。

社会において価値を生み出せれば、お金は後からついてきます。

重要なのは、自分にできること、それが時代に合っているかということを見極め突き進んでいく信念行動力でしょう。

≪La réussite sourit souvent à ceux qui ignoraient que l’echec était inéluctable.≫
「失敗なんて事は有り得ないと思っている人が成功するものなのよ。」

自分にとって失敗などない」と信じている人たちがしばしば成功するということです。

強い自信を感じる言葉ですが、もしかすると失敗を失敗だと捉えずに、それをプラスに変えて前に進む人のことを指しているのかもせんね。

この言葉を見るとナポレオン1世の下記の名言が連想されます。

Impossible n’est pas français≫「我が辞書に不可能という言葉はない

ネガティヴなことに囚われずに、ポジティヴな面に目を向けるのも大切なことのようです。

≪C’est la vie.≫
「それが人生。」

人生のできごとに対する受容と寛容を表した言葉です。

フランス人がよく使う表現で、あきらめの意味を含めて「人生ってこんなもんさ」「仕方ない」という意味で使います。

シンプルですが深みのある言葉ですよね。

ちなみに、フランス人はちょとしたことでもよく使います。

まとめ

フランスの考え方には日本とは違った深みがあります。

今回ご紹介したことわざ名言は、数ある表現の中の一例にすぎません。

この他にも面白い表現はたくさんありますので、ぜひ探して見てお気に入りの言葉を見つけて見てください。

本という形でフランス語のことわざについて学びたいという方には、『ミニマムで学ぶ フランス語のことわざ (ミニマムで学ぶことわざシリーズ)』がおすすめです。

また、出会ったフランス語の表現を辞書で調べることで、フランス人のロジック(考え方)が理解できるようになっていきます。こまめに辞書を引くことで表現の幅が広がるでしょう。フランス語の辞書は『プチ・ロワイヤル仏和辞典 第5版』『プチ・ロワイヤル和仏辞典 第3版』がおすすめです。フランス語のことわざや表現を紹介するプチ・コラムも載っています。

created by Rinker
旺文社
¥4,620 (2020/11/25 11:12:45時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥5,280 (2020/11/26 06:26:01時点 Amazon調べ-詳細)

\あわせて読みたい/

最新情報をチェックしよう!