化粧品開発者を志した僕が大学卒業後フランス留学した話

化粧品開発者なのになんでフランス語?という疑問に答えたいと思い、この記事を書いていきたいと思います。

具体的には、「なぜ化粧品開発者になったのか」そして「なぜフランス留学したのか」「帰国後の就活はどうだったのか?」という話を書き連ねたいと思います。

あき
同じように大学卒業後に留学したい!というあなたの参考になれば嬉しいです。

\こんなあなたにに読んでほしい/

  • 留学期間中に将来について考えたい
  • 留学経験者のエピソードを読みたい
  • 大学卒業後に留学したい

化粧品に興味をもったきっかけ

僕自身、もともと肌が弱く子供の頃から肌荒れやニキビに悩まされていました。

思春期も相まって自分の見た目に自信が持てず、他人からどう見られているかを気にしてばかりいたのです。

そのため、皮膚科に通ったり、ドラッグストアで化粧品を大量に買ったりしていました。

確かにどちらも効果はありましたが、ケアを怠るとすぐ肌が荒れていました。

そんな訳で、肌に対するコンプレックスを常に抱えていて、大人になっても「スキンケア」に関しては敏感でした。

それと同時に「美」についても人よりも憧れが強かったのだと思います。

これがきっかけで化粧品や治療薬について関心を持つようになりました。

あき
とにかくニキビがコンプレックスでした。

本で知った「化粧品開発者」という職業

高校2年生になって、大学進学について考えるようになりました。

ある日、進路に関する本に出会い、「化粧品開発者」という職業を知りました。

化粧品開発者のインタビュー記事には次のような言葉が書かれていました。

「街頭で自分が作った化粧品の広告を見た時、喜びとやりがいを感じる」

「自分のアイデアやものづくりが社会に影響を与えていると感じる」

読んだときは、「ふーん」という感じでしたが、心の何処かにずっと引っかかっていました。

この記事を読んで世の中には「 ものづくり 」や「アイデアを形にすること」が社会貢献の形の一つであるということを知りました。

僕は、工作やアートに関しては不器用な方で想像力も豊かな方ではありませんでした。

しかし、それでもやってみたいと想うようになりました。

他にも様々なことを考え悩みましたが、最終的に多方面で応用の効く薬学部に進学することにしました。

あき
興味のある「化粧品」を仕事として意識するようになった瞬間でした。

大学時代、フランス語との出会い

フランス語と出会ったのは大学2年生の時です。

当時、知り合ったフランス人の影響でフランス語をかじってみようと思いました。

本腰を入れて勉強しようという姿勢ではなく、「試しにちょっとやってみよう」という程度の考えでテキストを買ってみたのです。

付属のCDを聞いた瞬間、稲妻が走ったような感覚になったのを覚えています。

「これだ…!」

フランス語の「音」が美しくて驚愕したのです。

今まで、英語やオランド語、ドイツ語を学んだことはありましたが、それまでに感じたことのない「洗練されたなにか」を感じました。

実は、フランス語が「音」にこだわって作られた言語ということは後ほど知りました。

そして、「この言語の背景にある価値観や文化を知りたい」という気持ちになったのです。

すぐにフランス語に夢中になり、猛勉強を始めました。

「いつかフランスに行って生活してみたい」

こう思うようになったのも、当時の憧れがあったからです。

そうして、3年が経ち、大学卒業後フランスに留学するチャンスがやってきました。

フランス語の勉強は変わらないペースで続けいたおかげで、フランスについて多少知識がつき、新たな目標ができていました。

様々な人種の人が共存する多文化社会で生活し、異なる文化を肌で感じたい

このように考えるようになりました。

多文化社会」というと良いように聞こえますが、そこには価値観の違いによる対立や差別を孕んでいます。

しかし、そうした問題を含めて経験してみたいと思いました。

志していた「ものづくり」とは、この段階では一見関係ないように思えますが、これを経験せずに社会人になるのは勿体無いというある種の使命感のようなものを感じるようになりました。

理系の人間は専門を持つため、一つの分野に精通する一方、他分野に目を向けにくい傾向があるからです。

「理系だけど広い視野を持っていたい」

こういう想いは人一倍強い方なのかもしれません。

こうして最終的に、パリ留学を決意しました。

パリを選んだのは、他国籍の人や移民などが多く暮らしていてるからです。

文化受容性の高い街だからこそフランス社会について学べるのではないかと考えました。

あき
大学生の頃は、無我夢中でフランス語を勉強してました。

フランスで身につけた「一個人としての感覚」

フランス留学を振り返って一番に感じたことは、平等を尊重するフランスでもやはり差別や対立は存在すること。

そうした中で生きることで、周りに対する優しさや強さをなおさら意識することができたこと。

そして、その反面、そうした風潮の中でも異文化に関心を持って接してくれる人がいたこと。

一人の人間として互いに尊重し合う関係を築けた喜びを知ったこと。

日本でずっと過ごしていたら、おそらく感じられなかった、「一個人として人と接する感覚」を学ぶことができました。

個人主義というものは習っていたし、知っているつもりでした。

しかし、実際にその文化の中に入り、感じるところが多くありました。

フランスではよく、日仏交流会に行っていましたが、そこは単にお互いに興味があって成立する社交の場。

そこから外に出れば、「一人の日本人」(あるいは単にアジア人)です。

ここで「一個人としての感覚」がないと、差別や批判を受けたとき、必要以上に反応したり、重く捉えすぎたりしてしまいます。

それが原因で、自己肯定感をなくしたりしてしまうことはよくあることなのではないかと思います。

他人の意見に耳を貸すのはもちろん大切で、そこに反省する点があれば学びもあります。

しかし、理不尽な扱いに対してある種「受け流すこと」、客観的に自分の置かれた状況をみて対処する技術が自然と磨かれると思います。

そんな環境だからこそ、「柔軟さと思いやりと強さ」を身に付けることができたのだと思います。

留学を通して、もちろん語学もブラッシュアップできましたが、人として一歩成長したという実感もありました。

あき
周りと違うからこそ「自分という存在」について考えるいい機会になりました。

帰国後の就活では苦労の連続だった

帰国して就職活動には正直苦労しました。

卒業してから就活までの間に期間が空いてしまったからです。

ある就活コンサルタントには、「君の経歴では化粧品開発者としての採用は厳しい」とも言われたほどです。

100社ほど受けて最終面接までいったのが4社のみでした。

しかし、諦めずに就活を続けたこと、留学した目的と意義を伝えられたことが功を奏して、無事目標としていた化粧品開発者になることができました。

帰国後にまずやるべきことは、「留学で経験したことの言語化」だと思います。

せっかく経験したことを自分の言葉にして落とし込むことで、「そこから何を学んだのか?」ということが明確になります。

あき
まずは簡単なメモでもいいので書いてみることをおすすめします。
関連記事

僕は、大学卒業後にフランス留学のため半年間パリに渡りましたが、帰国後もフランス語の勉強を続けています。 「いったいなんのために?」 「開発職のお仕事と関係あるの?」 今回はこうした疑問に答え、「留学から帰ってすべきこと」[…]

化粧品開発者になって意識していること

化粧品開発者は化粧品のことだけ考えていれば良いというわけではありません。

流行が大きな影響力を持つこの業界では、世の中で起きていることに対してアンテナを張っておくことが一層重要であると思います。

開発者は消費者のニーズに合ったものを作るのが仕事です。

「今の時代の流れにマッチしているのか?」ということを常に意識する必要があります。

化粧品開発には知識や経験も必要です。

しかし、クリエイティビィティ(=創造性)、直感、感性、美意識、論理的思考などさまざまな要素が重なり合って、それが「ものづくり」のコアを形成するのだと思います。

これからも、フランス留学を通して学んだことを踏まえ、現代社会や世の中の動きを意識しつつ、広い視野を持って「ものづくり」に臨んでいきたいと思います。

関連記事

今回ご紹介するのは、山口周(著)『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」』です。 ビジネス書大賞2018準大賞受賞。大学で美術を専攻し、現在、コンサルティング企業にてイノベーション、組織[…]

あき
どんな仕事でも「世の中を知ること」は重要なのかもしれませんね。

化粧品開発者を志した僕が大学卒業後フランス留学した話 まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、理系学部の僕が大学卒業後フランス留学に行った話について書きました。

一見関連性が低いと思われることでも、根本では繋がっていて、それが自分の心に引っかかっていることがあります。

少しでも心に引っかかっていることは思い切って行動に移してみるというのが大事だと思います。

やってみて初めてわかることは多いものです。

僕自身もそういう想いでフランスに飛び立って、結果よかったと思えることたくさんあります。

それが今の自分を形成し、自分の財産になっていると感じます。

それと同時に今後の指針として歩む道を照らしてくれる。

僕にとってフランス留学はそんな意味をもっています。

あき
この記事がみなさんのチャレンジのきっかけになれば嬉しいです。

\あわせて読みたい/

関連記事

ときどき、「語学力が足りないから、まだ留学にはいけない」という意見を耳にします。 本当にそうでしょうか? 語学力だけで諦めてしまうのは判断が早いのではないかと思います。 この記事では、「語学力が0でも留学した方がいい理由[…]

関連記事

この記事では、僕がフランス留学を経験して得たものについてまとめます。 フランス留学をしようと思ったきっかけ、それまでの経緯、留学での体験について綴っていきたいと思います。 \こんな人に読んでほしい/ フランス留学を考えて[…]

関連記事

僕は、大学卒業後にフランス留学のため半年間パリに渡りましたが、帰国後もフランス語の勉強を続けています。 「いったいなんのために?」 「開発職のお仕事と関係あるの?」 今回はこうした疑問に答え、「留学から帰ってすべきこと」[…]

関連記事

近年、グローバルコミュニケーションの重要性が取り上げられる昨今ですが、海外の方と意思疎通をするうえで必要なことはなんでしょうか? 「語学力」「コミュニケーション能力」「ノリの良さ?」 さまざまな回答が返ってきますが、ほんとうに[…]

最新情報をチェックしよう!